子供の将来と自分の時の事

nanaの独り言

毎日本当に暑いですね~
nanaの子供の時こんなに暑かったっけ?
nanaの小学生の時の夏休みは
水連学校やら、小学校の
プール開放とかあって
ほぼ毎日朝から夕方まで
小学校のプールで浮いてました
(朝から水連学校⇒
昼からプール開放ってな具合で)

スイミングを習ってたこともあり
水に慣れ親しんでたので
お昼ご飯を家に食べに帰って
また昼から小学校のプールで浮いてる
( ´艸`)そんな毎日を
過ごしてました。。。
って、いつ夏休みの宿題してたかな??

終盤になって慌ててやってた気がしますが。。。

息子が小学生の頃は
7月中に仕上げてしまわないと
夏休みどこにもつれてかないぞ~

せかしていましたけど
自分の時は。。。
と思うと、ごめんなさい~って
思いますね( ´艸`)

nanaの両親が生きていたら
きっと
「自分はしてなかったのに。。。」
とチクチク言われてただろうな

でも最近の気温は尋常じゃないし
コロナ禍というのもあって
プール開放ってないんやろうな~

学校のプール開放も
保護者の見守り当番やらが
大変とかいう声もあったり
息子の小学生のころには
無かったな~

自分の子供の時の過ごし方の
気楽さと比べると
今の子供たちは
気の毒だな~って
思うことも多々あります・・・

息子が高校生になり
もう今は2年の夏休みです。
進路のことも考えないとな~

と思ってます

5月に専門学校の
オープンスクールに行ってきましたが
その後は学校見学や
オープンスクールには
まだ行ってませんが
本人は
5月に見学に行ったところに
行きたい様子

大学へ進学する気は
毛頭ないようで
就職という気もないらしい

ヤキモキしたところで
はじまれへん

だって息子の人生だもの
と自分に言い聞かせるけど
気になる。。。

eスポーツのプロゲーマーの
専門学校に
行きたいという息子

活躍できるのは
一握りというのは
親も本人も
承知。。。だけど
やりたいことは
やらせてあげたい。

経済的な面で
かなりしんどいところもあるが
それは奨学金やらで
どうにかできると思う、、思いたい

ここからはnanaの時の話

nanaは高校を出て
トリマーの専門学校へ
入学した。。。

当時の高校の担任からは
そんなところに
進学した例がないから
どこの学校がいいかわからないから
自分で探せばいい
言われた。

nanaの通っていた学校は
兵庫県立の公立高校
当時商業科以外は
そこそこの進学校で
商業科はどちらかと言えば
やんちゃな子が多かったかな。。
普通科
(国公立大学進学する子もいる)
商業科
(銀行や証券会社に就職するか
経済学部等の大学への進学する子が多い)
音楽科
(交流がないので進路は不明)
因みにnanaは商業科です

担任からは
そんな感じで突き放され

本音はね
泳ぐのも好きだし
高校入ってから行った
白浜の
アドベンチャーワールドで見た
イルカのショーに憧れて
イルカの調教師に
なりたかったんだ。。。

でもどうしたらなれるのか?って
調べた時に
京都に専門学校があることを
見つけて親に
「この専門学校に行きたい」
と言ってみた。。。

親からの返事は、、、
「自分の世話もできへんのに、
動物の世話ができるわけないやろ!
それに入学時に支払う金額だけで
100万円超えるんなんて家にないわ
それにこの学校最近できたとこやろ?
大丈夫なんかもわからんし」

と、、、、そういわれ
説得する語彙力も
プランもなく、、



「じゃ、トリマーの専門学校でいい」
というと
「お姉ちゃんは
高校生活しながら夜間に
美容師の専門学校通って、
日曜には美容室でバイトして
高校卒業するころに美容師の資格とって
きちんと自分で将来設計してたんよ
あんたみたいに行き当たりばったり違うねんで
ちゃんとサボらんと通うかどうかも、、、」
と言われ、、、

確かに姉は小さいときから
要領がよかった、、、

私はなんとなく商業科に進学し
高校生になってから行った
アドベンチャーワールドで
イルカの調教師になりたい!!
(なれるもんなら
獣医になりたいと思ってた)
と思ったんだよね~

両親的には商業科を出たら
そのまま就職するものと
思ってたんだろうな、、、

「入学金と道具代だけ出してほしい
後の授業料はバイトしながら自分で払うから」
と説得し
入学金と道具代以外は
自分でやっていくことを
条件にトリマーの
専門学校に通ったのよね。。。

でも最終的には
専門学校を1年修了する間際でやめた

折角、両親には
入学金と道具をそろえてもらったのにね、、、

なかなか何をしても
長続きしなくて
結局トリマーの専門学校も
ライセンスとる前に
辞めてしまったけど
歴代ワンコたちの
トリミングは自分でしてるから
許して。。。

お姉ちゃんは要領もよくて
両親にとっては
ほとんど叱らなくても
いい長女

でもnanaは終生叱られてたかも、、

あの時両親がイルカの調教師の
夢を応援してくれていたら
今の私はどうなってただろうって
考えるときあるねんな~。。。
別に今の生活に不満は全くないけど
あの時あの選択してたら?とかね、、、
(テレビで人生のターニングポイントは?
的な話してたらふと思う)

息子には
自分がやりたいことがあるなら
チャレンジしてみてほしい
あかんってなったら
その時に改めて
また違う生活を考えればいい

それを見守れる親になりたいと
日々思うけど
それって
甘やかしてることになるんかな~

自分が思うようにできなかったこと
親を説得できるだけの
行動力も信用もなかったから
言われた言葉でできなかったというか
しなかったこと、、、
今の自分を否定するつもりはない
でも、頭ごなしに
ダメダメという
親でいたくなくて
息子のなりたい夢を応援したい
ただそれだけの事。。。

子育てって難しい、、、、
自分の時と比べたりしたら
あかんと思うけど
自分だったらどうしたかったんか?
って考えてしまう。
息子のしたいことをしてほしいと
願うだけなんだけどね、、、


コメント

  1. ポコ より:

    こんにちは。

    私も、ダメダメと否定されて育ちました。
    なので、nanaさんのお気持ちが自分ごとのように伝わってきました。
    頭ごなしに否定したくないですよね~。

    親が先回りしてもよくないし、甘やかしすぎたり、放任しすぎるのもね~。
    難しいですね。

    うまく息子さんと対話ができるといいですね。

    • nananana より:

      ポコさん
      コメントありがとうございます☺️
      ダメダメと言って育てられた自分と同じような境遇を作りたくないなあって思うとついつい甘くなっちゃって(´∀`*) 本人のやる気を見せてくれると応援のしがいもあるんですけどね☺️

error:Content is protected !!