お雛様

nanaの独り言

今日は2/25
来週の木曜日は
ひな祭りですね

nanaは二人姉妹の
妹として生まれたので、
毎年お雛様を飾っていました

4歳上の姉には
立派な七段飾りが
あったので、

nanaには
自分のお雛様というものが
なかったのだけれど
(お屋敷に住んでたわけじゃないんだから
当たりまえですよね)

手先の器用な母は
その時に趣味で習っていた
木目込み人形で
nanaの
お雛様「お内裏様とお雛様」
を作ってくれました

きっと、
「私のがない!!!」と
わがまま言って困らせたんだろうな

姉と七段飾りを
飾るときには

決まって五人囃子や
三人官女
牛車や、いろいろな飾りつけを
どっちにだれ?

あーでもない
こーでもない
と言って

飾りつけしてたように思います

それを毎年のように
思い出します

必ずしまうときには
大きな箱に
小さな箱たちが
綺麗に収まらない
これは毎年
難問のパズル

姉と二人頭を抱える
毎年、、、、

毎年同じことを
繰り返してました

姉が結婚し
七段飾りを
持っていくまでは、、、

今の職場につとめだして
3回目の
3月3日を迎えます

毎年この時期になると
お雛様だしました?って話になる
( ´艸`)

職場の人と
話してて
「あ~なるほど」
その手があるのね!!!
と思いました

昨年撮った
画像を参考に
お雛様を飾るのだそう

確かにね、、、
今の時代スマホで
調べれば飾り付け方も
わかるけど

今年調べたら
飾り付け終わった段階で
画像に残しておけばいい
そして箱のしまい方も

画像にとっておけば
おさまりも昨年とおなじ用に
片づけることが
できるじゃない

って、我が家には女の子がいないので
もう飾ることはなくなってしまったけれど

季節のものとして

いつかは飾りたいなと思っています。

母が残してくれた
木目込み人形は
私の手元には
ないけれど
いつか、、、、

 

コメント

error:Content is protected !!