着物を着る機会と出会い

みはらいふ

久しぶりの着物
前に着物着たのは
息子の卒業式と入学式やったから
一昨年の3月と4月やったなぁ

私が着付けをお願いするのは
自宅で着付けをしてくれる
出前着付けの 坂田正子着物教室さん

毎回こちらでお世話になってます

始めてお願いしたのは
息子の小学校の卒業式やったなぁ

たまたまその何年か前に
バスに乗ってるときに
見かけた張り紙?看板?

出前着付けって
文字があったのを
覚えてて
機会があれば!!て思っててん

で小学校の卒業式に
ここやな!!
出番だ!!
とお願いしてみてん

着付けの具合がちょうどいい!!
苦しくなくて
それでいて
なんだか、気持ちがピシッとする

坂田先生のところで
お願いしてみたら
びっくりすることに
着付けに来てくださったのは
ご近所のマロンちゃんの
お母さんでした

小学校の卒業式の時は
違う方が来てくれたんだけど
中学校の入学式に
来てもらってからは
着物を着るチャンスがある時は
指名させていただいております

マロンちゃんです

マロンちゃんは
ニコルに優しく接してくれる

優しい女の子のトイプーちゃん
そしてママさんはいつも
穏やかなお母さんで
息子が高校受験するときにも
アドバイスもらったりしてたんやけど
着付けしてはるの知らんくて
来てくれてびっくり!!
坂田先生の教室の
お弟子さん(お弟子さんっていうのかな?)
でした

世間って狭いのね。。。
びっくりしましたよ~

母が私が結婚するときに
仕立ててくれた
着物。。。
ずっとタンスに眠っててん

いつかは、いつかは、
と思いながら
着る機会がないと
半ばあきらめていたんだよね・・

子供の入学式や卒園式
着物着てるお母さんが
いなくて
目立ちすぎるのが嫌で
保育所の卒園式も
小学校の入学式も
着ていく気になれなくて

でも息子の友達のお母さんが
娘さんの高校の卒業式に
着たと聞き

着る機会は
ここなんだ!!思って
着ることにした。

それからは
着れる機会がある時には
着るようにしてて

息子の小学校の卒業式に
着たのは母が袖を通さずに
母が自分のために
仕立てていたもの
亡くなった時に受け継いだ着物

今回も坂田正子 着物教室さんに
お願いして、留袖もやっと
日の目を見ることができました

朝早くの式だったので
着付けに来てもらったのは
5:45・・・
新大阪に8:30~9時までに
到着せなあかんから
この時間。。。

ニコルはいつものnanaの
お友達のところで
前日からお泊りです

お泊りさせてもらって
スパにも入れてもらって
友達家族のみんなに
まったりさせてもらって
家で留守番するより
何より安心して
過ごせてたみたい

なんなら
もう迎えに来たん?
って言いそうなくらい
お迎えに行ったときには
寝起きでボーっとしてはりました

コメント

error:Content is protected !!