ペットセーバープログラムERT完結編

nanaの独り言

ペットセーバープログラムの後半は
地震、噴火、水害などの
自然災害発生時にどんなリスクがあって
その時に大切な家族とともに
どんなふうに
対処すればいいのか?
を具体的に
想定しながらの、
グループワークを行いました。

後半のまとめを参考に備えを
していきたいと思います。

自然災害発生の想定

自然災害の発生、
昨今とても多いですよね。

テレビのニュースで
自主避難される方や、被害状況が
報道される中で

わが身に起こったら?

と気にはなっても、
実際どうしたらいいのか?
そんなことを話しました

地震発生その時どうする?

阪神淡路大震災を経験したのに、
年数経過とともに
震災への備えができてないことは
本当に反省

実際に事例を考えてみて
想定して話し合ってみました。

①真冬の深夜3時地震が起きたらどうしますか?

  • 深夜→暗闇
  • まづ自身の身を守る
    • ペットの状況確認(パニックになっていないか?)
    • 冷静になる(ペットを落ち着かせる)
  • 他の部屋で就寝中の家族の確認
  • 避難通路の確認
  • 現状の確認(ネットニュースやラジオ、テレビでの状況確認)
  • 窓や陶器のものが割れて床に散乱していないか?
  • 部屋のドアが開閉できるかどうか?
  • 履くものがあるか?
  • 防寒具をもちだせるか?

等々いろいろな意見が出ました。

②真夏の午後3時に地震が起きたらどうしますか?

  • 自身の身を守る
  • 自宅周辺の状況確認
  • 仕事中、家族と離れ離れの環境
  • ペットの安否確認にいつ戻れるだろうか?
  • 電車バス交通網はどうなっているんだろう?
  • 会社からでることができるか?
  • エアコンが切れてしまってペットが熱中症になっていないか?

そう、地震は突然前触れもなく
おこることが多いです
その時に、自信が落ち着いて行動できるよう

備えをしておくべきだと話し合いました。

地震の時の備え

  • 窓ガラスが割れないようにする工夫
    • 飛散防止フィルム
    • 二重サッシに入れ替える
  • 家具などが倒れないようにする工夫
    • 転倒防止をしておく
    • 家具などの上にのせているものはどうか?
  • 在宅避難できる状態に日頃から備えておく
  • 緊急時の避難食の備蓄(人&ペット)
  • 水の確保
    (お風呂の湯船に張っている水はおおむね200ℓ、
    トイレに流す水に使用した場合
    トイレを流すのに1回5ℓ必要と考えると、
    40回流すことはできるが、4人家族だと、
    一人8回流せる、、、
    と考えると1人が1日に行くトイレの回数を考えると
    2日もつかどうか、、)
  • 飲料用水の備蓄
  • 家屋倒壊の危険性がないかどうか?
  • 充電設備はあるか?
  • ライフラインが止まることも想定した備蓄が必要
  • 在宅避難に置いての準備とペット同伴非難時の準備をしておく

常日頃から家族でこんな状況の
時にはどうするかなどの話は
しておくべき!!



そしてこんなアプリや、
サイトもあるので
登録したり情報を入手ておくべき!

この機会に家族で相談してみよう

噴火発生そのときどうする?

噴火に関しては大阪では遭遇しにくい
出来事ですが
噴火の被害はかなり長期化するようなので
自分の住んでる地域で
噴火発生時にどのような被害が発生するのか
想定しておくのも必要です

水害発生その時どうする?

  • 浸水してきてから外に出るのも難しいのでは?
  • 早め避難って、何を基準にするの?
  • 浸水ってどうなるの?
  • 何をどうしたらいいのか?わからない、、
  • とにかく上に避難したらいいんじゃないのかな?

水害に遭遇するの

唯一自然災害の中で
事前に情報が出るのが
この自然災害、、
大雨、台風、河川増水等の原因ですが
事前情報もあるので
早めの避難を考えておく必要がありますが
市町村のハザードマップで
自分の家の浸水の可能性も見れるので
ぜひこの機会に
見直しておくべきです。



水害は排水が追い付かなくなり
噴き出してくるものでもあるので
汚水や化学物質が含まれていることも
想定の中に入れておくべきですね

災害への準備

nana
nana

じゃ実際に何が必要かな?

Nicole
Nicole

ご飯、ご飯、おいらのご飯!!

上記のものにペットの物を考慮して
準備ですね

人間だけで避難するにも大変な
状況下の中、ペットも一緒にとなると
大変なことはなおさらです

それに備えるための
情報ページも載せておきます。

お時間があれば
こちらも見て備えを万全にしてください

コメント

error:Content is protected !!